jp

en

New

考察する人

2021.07.13

椅子が先か空間が先か
文化の卓上から引かれるグリッド線

関祐介

建築デザイナー

#Curiosity

建築家の関祐介さんは、高校時代に阪神淡路大震災に被災し、崩れゆく街の姿を目の当たりにしたという。復興の最中、出会った人々との繋がりの中で塗り替わっていく認識。以降、デザインの世界へと進んでいく彼の人生を大きく動かした...

Read

New

彩る人

2021.06.30

感覚と経験が引き立てるクリーンな後口と個性

佐藤権作

SR 焙煎士

#Color, #SR

語学を追求するために日本を飛び出し、いつの間にかコーヒーに魅了されていった佐藤権作さんは、英会話講師から大きく舵を切り、5年間の海外生活で培った感覚と経験でストックホルム発のマイクロロースターSRのコーヒーに共通する“ク...

Read

New

彩る人

2021.06.12

The more local, the more global.
都市と自然と人々の交差点

岡雄大・本間貴裕・松井明洋

K5 Founders

#Color

大都市を中心に拡大したCOVID-19は、私たちから日常を奪い、都市生活を再考させた。新たな生活様式を手に入れるために一つの街から都市の景色が変わるとすれば、どんな形がありえるだろう。春の光に包まれた穏やかな空気漂うホテルの...

Read

New

彩る人

2021.06.02

レストランのライブ感を
パティスリーのケーキに封じ込めて

大山恵介

ease店主・パティシエ

#Color, #ease

兜町でひと際行列を成す、パティスリーease。ワサビとイチゴ、紫蘇と日向夏といったユニークな素材の組み合わせや、お客さんが自宅で食体験を楽しめるようにソースを付属したケーキなど、店主・大山恵介さんの独創的な感性は評判高い...

Read

New

彩る人

2021.05.21

自分の好きを積み上げてつくった
新しいビストロのかたち

西恭平

Neki 店主・シェフ

#Color, #Neki

昼も夜も常に多くの人で賑わう、兜町の人気ビストロNeki。二ツ星レストランやビストロロジウラでシェフを務めてきた西恭平さんは、フランスの修業時代をともにしたeaseの店主・大山さんに誘われて、自身の店Nekiをオープンさせた。洗...

Read

New

彩る人

2021.05.10

Natural wine is here to stay.
ナチュラルワインとカウンターカルチャー

高橋心一

Human Nature

#Color, #Human Nature

かつてキング・オブ・ポップと称されたその時代のアイコンは歌った、“If they say why why, tell'em that is human nature”と。カウンター・カルチャーに触発され、ナチュラルワインに出会った高橋心一さんは、そのボヘミアンな生き方...

Read

彩る人

2021.04.30

Among us 僕らを取り巻く社会と個人の境界線

田中開

青淵-Ao-

#Ao, #Color

渋沢栄一の雅号(ペンネーム)である青淵(せいえん)から、その名がつけられたAoは、K5に入る本に囲まれた真紅のライブラリーバー。かつての渋沢栄一の書斎をイメージした空間で、彼の思想を体験として持ち帰ってもらいたいという思...

Read

彩る人

2021.04.20

ビールの苦味、アリの酸味
観察と想像の先にある料理

黒田敦喜

caveman オーナーシェフ

#caveman, #Color

18歳で料理を志し、大阪から世界へと飛び出した黒田敦喜さんが、これまでキッチンという表現の場で世界と対等に渡り合えたのは、おそらく、その人柄と鋭い観察力にあったのだろう。イタリア修行時代の思い出、北欧での新たな発見、様...

Read

Feature

考察する人

2021.04.01

都市の文脈をもとめて

松井明洋

Kontext編集長

#Curiosity

K5を仲間達と創り上げるにあたり、何度となく日本橋兜町に通った。この街と恋に落ちた。

Read

More Articles

Shops and Map


More Shops and Map
日本橋兜町は、明治初期に近代日本経済の父といわれる渋沢栄一が居を構え、
日本初の銀行・第一国立銀行や東京証券取引所を設立したことなどから、かつては日本を代表する金融街でした。
しかし株取引の電子化により、そこに集っていた人や企業が離れていき、近年その色を失っていました。
しかし、いま新たな彩りが街に広がりはじめています。
兜町の新たな彩り、つまり人の営みとそのつながりには目に見えない文脈があります。
その一人ひとりのあまり知られることのないストーリーを深く掘り下げることで、
これからの兜町の魅力、キャラクターを浮き上がらせ、丁寧に紡ぎ出していくメディアです。
More Information