jp

en

#兜町夜市2022

#BookLoungeKable

#Kabutocho-yoichi2022

#KABUTO ONE

#HeiwaShuzou

#Edible KAYABAEN

#DialogueOfFood

#ClaessonKoivistoRune

#teal

#Hoppers

#KNAG

#KABEAT

#Joy

#HumanNature

#ease

#Neki

#Ao

#caveman

#SwitchCoffee

#Curiosity

#HotelK5

#OmnipollosTokyo

#K5

#Color

#B

#SR

Article

彩る人

2022.11.25

日本橋兜町の個性的な”出店”を飲み歩きながら満喫できる街歩きイベント「兜町夜市」が初開催!

兜町夜市

12月2日(金)〜12月4日(日)開催

#Joy, #Kabutocho-yoichi2022, #兜町夜市2022

「兜町夜市」は食、音楽、アート、マーケットといった様々なイベントが同時に開催され、日本橋兜町一帯を盛り上げる街歩きイベント。初開催となる今回は、「兜町夜市ナイトマーケット」そして「兜町夜市飲み歩き」といった2つのイベン...

Read

楽しむ人

2022.11.21

AIMAI 〜 Expressions of Vagueness 〜 Claesson Koivisto Runeがつくる「あいまいさの表現とは」

EVENT REPORT

#ClaessonKoivistoRune, #Joy

先日、日本橋兜町の工事中のビル地下1階にて、7日間限定の展示会「AIMAI〜Expressions of Vagueness / あいまいさの表現〜」が開催された。主催は、スウェーデン・ストックホルムを拠点とするデザインユニット、Claesson Koivisto Run...

Read

Dialogue of Food

2022.11.11

Neki

#DialogueOfFood, #Neki

その「一皿」、「一杯」は、どのようにして生まれたのか。店のシグネチャーを紐解けば、シェフの感性や哲学、食材へのこだわり、生産者の姿勢まで見えてくる。料理の背景にあるストーリーから、兜町を形作る点と点が線になる。

Read

考察する人

2022.10.31

「K」が持ち得る可変性
タイポグラフィーは時代を映す

大西 真平

グラフィックデザイナー/アートディレクター

#Curiosity

K5のロゴや印刷物、ウェブサイトのデザインを担当した大西真平さんは、「文字」が情報を伝えるツール以上の意味を孕むと信じるひとりのデザイナーであり、アーティストだ。K5誕生までの制作過程に秘めたストーリーを、それらをかたち...

Read

楽しむ人

2022.10.24

11:30 am - 6:00 pm

兜町・茅場町の楽しみ方 VOL.02

#Hoppers, #Joy, #OmnipollosTokyo, #SR, #teal

ここ兜町に足を踏み入れたら、どのような時間が流れ、どんな体験が待っているのだろうか。街の楽しみ方というのは当然、その時間帯によって彩られ方が大きく変わるに違いない。その時間に浮遊している文脈も異なってくる。そんなこと...

Read

Dialogue of Food

2022.10.11

Ao

#Ao, #DialogueOfFood, #K5

その「一皿」、「一杯」は、どのようにして生まれたのか。店のシグネチャーを紐解けば、シェフの感性や哲学、食材へのこだわり、生産者の姿勢まで見えてくる。料理の背景にあるストーリーから、兜町を形作る点と点が線になる。「Dialo...

Read

彩る人

2022.09.29

Bitter Sweet Symphony.
モノと人の接点に立つひと

橋本佳苗

teal 店長

#Color, #teal

渋沢栄一の旧邸宅跡地、日証館1階に入るチョコレート&アイスクリームショップtealで店長を務める橋本佳苗さんは、これまで自分が楽しいと思える方向を信じて真っ直ぐにその歩みを進めてきた。そのひたむきな信念は個を飛び出し、やが...

Read

楽しむ人

2022.09.20

8:00 am - 1:00 pm

兜町・茅場町の楽しみ方 VOL.01

#Joy, #K5, #KABUTO ONE, #KNAG

ここ兜町に足を踏み入れたら、どのような時間が流れ、どんな体験が待っているのだろうか。街の楽しみ方というのは当然、その時間帯によって彩られ方が大きく変わるに違いない。その時間に浮遊している文脈も異なってくる。そんなこと...

Read

彩る人

2022.08.24

日本酒界の革命家の一手は、
クラフトマンシップを伝える場

山本典正

平和酒造社長

#Color, #HeiwaShuzou

昭和3年創業の酒蔵、平和酒造。2019年に4代目社長に就任した山本典正さんは、平和酒造にさまざまな改革を起こし、その経営手腕で、2020年には「紀土」を世界ナンバーワンの日本酒に導いた。「若手の夜明け」や「AOYAMA SAKE FLEA」と...

Read

彩る人

2022.08.10

La Casa "Tokyo"
人という都市の色彩

大倉皓平

K5 PRディレクター / Kontext エディター

#Color, #K5

K5でPRディレクターを務める大倉皓平さんは、その時々の感覚に身を任せて、チャレンジの歩みを止めることなく世界を旅してきた。そんな彼が、新たな挑戦の舞台に選んだのは、ここ東京。PRという役割を通じて人と空間をつなぐために、...

Read

考察する人

2022.07.29

よそ者の視点で探究する
街の新たな価値と文脈

石川由佳子

アーバン・エクスペリエンス・デザイナー 一般社団法人for Cities 共同代表

#Curiosity

国内外の都市や街に滞在してリサーチやワークショップ、ZINE制作などを行っている都市体験のデザインスタジオfor Citesの石川由佳子さん。ポッドキャストでも、都市や建築の気になるトピックについて肩肘張らないトークを発信している...

Read

彩る人

2022.07.15

食べることと生きることの繋がり
兜町で始まる新たなDelicious Revolution

堀口博子

一般社団法人エディブル・スクールヤード・ジャパン代表・菜園教育研究家

#Color, #Edible KAYABAEN

植物を育てること、食べること、生きること。その繋がりや営みを授業を通して子どもたちに伝える活動を行っている堀口さん。雑誌や広告業界で活躍した後、旅をする中でネイティブアメリカンの農法「The Three Sisters」を知り、農業に...

Read

彩る人

2022.06.30

グラスに覗く二面性
バーという名の街の懐

西村 和也

Ao – マネージャー/バーテンダー

#Ao, #Color, #K5

生まれ育った街にも自分の知らない側面が潜んでいる。そう気づいたのは、バーに出入りするようになってからと語る、K5の1Fに入るライブラリーバー「Ao」のバーテンダー、西村和也さん。新たなインスピレーションは、先入観を捨てると...

Read

Dialogue of Food

2022.06.17

caveman Full Breakfast

#caveman, #DialogueOfFood, #K5

その「一皿」、「一杯」は、どのようにして生まれたのか。店のシグネチャーを紐解けば、シェフの感性や哲学、食材へのこだわり、生産者の姿勢まで見えてくる。料理の背景にあるストーリーから、兜町を形作る点と点が線になる。「Dialo...

Read

彩る人

2022.05.31

ファッションの夢を追いかけた日々
植物が立ち戻らせてくれたいま

伊藤朝

K5・KABEAT植栽メンテナンス、朝植物

#Color, #K5

服飾専門学校で照明の仕事に惹かれ、舞台照明に携わった後、アパレル会社で20代のほとんどを過ごした伊藤朝さん。途切れのないファッションの仕事に力尽きた時、植物の素朴な表情に心地よい安心感を得て、本来の自分に立ち戻ることが...

Read

彩る人

2022.05.24

ゼロ距離跨ぐ風来坊
ときに余裕のある漢

益子健太

ラッパー、B シェフ

#B, #Color

リリカル、且つシニカルにヴァースを吐き出す益子健太という漢には、自然体という言葉がよく似合う。もしかすると、彼ほどナイーブでシャイなラッパーはいないかもしれない。兜町K5の地下にあるBrooklyn Breweryのビアホール「B」。そ...

Read

考察する人

2022.04.29

K5というオーケストラが奏でる音楽
指揮者としてユニークな曲に導く

Ola Rune

Co Founder of Claesson Koivisto Rune

#ClaessonKoivistoRune, #Curiosity

Marten Claesson、Eero Koivisto、Ola Runeによる、スウェーデンのデザインユニットClaesson Koivisto Rune。建築やインテリアのデザイン領域で国際的に活躍してきた3人だが、その長いキャリアの中でもK5のプロジェクトは圧倒的に面白...

Read

彩る人

2022.04.18

ブックラウンジを癒やしの場に、
起ち上げ屋から軌道乗せ屋へ

大高潤・谷一興

丸善雄松堂株式会社 アカデミック・プロセス・ソリューション事業部 首都圏センター (大高) Kable運営チーム業務サポート (谷) Kable運営チーム責任者

#BookLoungeKable, #Color, #KABUTO ONE

KABUTO ONEに、昨年10月オープンしたBook Lounge Kable。緑あふれる空間に、兜町らしいビジネス書中心の本が並び、ランチやコーヒーを提供する。ここの運営を務めるのは、丸善雄松堂株式会社の大高潤さんと谷一興さん。書店以外の店作...

Read

考察する人

2022.03.31

問いが導くアイデンティティ
筆先で見つめる島の本質

新城大地郎

アーティスト

#Curiosity

島という海に囲まれた場所では、「移動」という行為が外の世界を繋いでくれる。しかし、切り離されているが故、特有の文化や伝統を生んでいることも事実。新城大地郎さんもまた、宮古島という島で生まれ、移動を繰り返してきたアーテ...

Read

彩る人

2022.03.17

空手、お菓子、恩人との出会い
すべてをつなげて描くお店づくり

宮川真実

ease 店長

#Color, #ease

人生の中で度々訪れたお菓子との出会い。それは、見逃してしまうような小さなきっかけだったかもしれない。パティスリーeaseの店長、宮川真実(ますみ)さんは時に悩みながらも、その一瞬一瞬に全力で取り組むことで、それを自らター...

Read

彩る人

2022.02.28

KNIT TOGETHER
隣人が同居する「心地良い」空間

吉武美紀

KNAG コミュニティビルダー

#Color, #KNAG

あそこに行けば誰かがいる。そんな空間を目指して、コミュニティビルダーである吉武美紀さんが場づくりをするのは、先日兜町にオープンしたばかりのカフェ「KNAG」。デンマーク語で「コート掛け」を意味するこのカフェで交差する人々...

Read

彩る人

2022.02.21

残るのは人との出会いと食べること
スパイスに導かれた旅は続く

伊藤一城

HOPPERS オーナーシェフ

#Color, #Hoppers, #KABUTO ONE

家族との週末の外食が大好きな子どもだった。20代の頃、今しか行けないと飛び出した世界一周の旅で、その後の人生を賭けるものに出会う。世界を周った自分しか知らない情報、していない体験、それがスパイスだった。生まれ育った下町...

Read

彩る人

2022.02.15

祭囃子を追いかけて
映画とワインと客観視の歴史

mikachuu(野田みか)

Human Nature

#Color, #HumanNature

まるで打ち上げロケットの発射台の如く、起爆剤のような人生を送ってきたmikachuuこと野田みかさんは、これまで自分自身で道を切り拓きながらも人の人生にフォーカスし、その魅力を最大限発揮することに注力してきた。しかし、Human N...

Read

彩る人

2022.01.31

お客さんと街に寄り添う
新しい菓子と価値づくり

眞砂翔平

teal シェフパティシエ/シェフショコラティエ

#Color, #teal

兜町の北側に、青緑色の新しい彩りが加わった。渋沢栄一の旧邸宅跡地、日証館にオープンした「teal」は、シェフパティシエの眞砂翔平さんと、ease店主・パティシエの大山恵介さんが、互いの個性を掛け合わせて生み出すチョコレート&...

Read

彩る人

2022.01.21

料理人の経験が繋がる場、
KABEATは兜町のインフラ

黒木久弥

GREENING企画運営事業部マネージャー

#Color, #KABEAT

次世代を担う、注目の料理人6人が日本各地のよりすぐりの生産者の食材をつかって、メニューを監修し、多ジャンルな料理を一日中提供するフードダイニング「KABEAT」。この場所のマネージャーを務める黒木久弥さんは、25歳で料理人とし...

Read

考察する人

2021.12.24

庭に見立てたK5
四季の植物で作る空間

天野 慶

Yard Works

#Curiosity, #K5

植物だけで空間を作り上げ、そのオリジナリティ溢れるセンスが支持されるガーデナー天野慶さん。Yard Worksとして山梨県に「THE SOIL」という拠点を持ちながら、日本全国のプロジェクトに携わっている。K5の植物を手がけた際は、四季...

Read

彩る人

2021.12.18

日の目を見ないダウンジャケット
リスクを恐れぬエバンジェリスト

森本浩基

caveman マネージャー

#caveman, #Color, #K5

cavemanのマネージャーを務めるソムリエの森本さんは、学生時代の教師との出会いから、自身の体験を通じて人々に等身大の魅力を伝えることにフォーカスしてきた。しかし、その感覚はいつからか飲食の世界で発揮され、ソムリエとして、...

Read

楽しむ人

2021.12.07

音楽も料理もすべては経験
クロスオーバーするDJ的思考

Licaxxx

DJ

#Joy

DJを軸に、音楽にまつわるさまざまな活動を行うマルチクリエイターLicaxxxさん。多様なジャンルを軽やかに超えていくような活躍ぶりだが、その下には、どんなことも楽しみ方を広げてくれるのは経験だという好奇心旺盛な顔があった。友...

Read

考察する人

2021.11.29

Inside Out.
細部に宿る本質と機能美

尾花大輔

N.HOOLYWOOD デザイナー

#Curiosity

先頃、K5のユニフォームに採用されたUNITED ARROWS & SONSのデザインやユニフォームという様式を理解するにあたり、そのデザインを担当した尾花大輔さんにこれまでの洋服との距離感や、これからの洋服のあり方についてインタビューさ...

Read

考察する人

2021.11.10

HEART of the living dead
半分人間、半分ゾンビ

齋藤精一

パノラマティクス(旧:ライゾマティクス・アーキテクチャー)主宰

#Curiosity, #KABUTO ONE

建築的視点とクリエイティブな発想で都市を眺め続ける齋藤精一さんは、その街へと通い、徐々に解像度を上げていくなかで問題を提起し、社会に張り巡らされた見えない糸を手繰る。自身をゾンビに噛まれた人間と形容しながらも、あるべ...

Read